2015年10月23日

特別展「始皇帝と大兵馬俑」at 東京国立博物館

東京国立博物館の平成館で特別展が開かれます。
期間:2015年10月27日〜2月21日
中国遺跡の中でも最も有名な兵馬俑

20151027heibayo_tb_140_1.jpg

最新の発掘成果を含む選りすぐりの逸品達が一堂に集められます。
世界に向けて経済だけでなく文化的レベルの高さもアピールしたい
現在の中国だからこその実現でしょう。

兵馬俑坑を再現したレプリカもあり、中国に足を伸ばすのに躊躇う
中国歴史好きにはお勧め。
中学生以下は無料、高校大学生にも学割があり、若者には絶好のチャンスぴかぴか(新しい)
ご家族で足を運ばれてはいかがですか?


【美術館の最新記事】
posted by CCA at 18:18| Comment(0) | 美術館

2013年11月25日

ブッダ・マウンテン〜観音山〜

『ブッダ・マウンテン』
大阪アジアン映画祭でも上映されて好評だった作品です。

2009年、中国の古都四川省成都市。
拡大する貧富の差、急速な経済発展に伴う歪み。
その矛盾を社会の底辺に近いところでもがく若者と
ある事情を抱えた生真面目に暮らしてきた女性が運命の糸に
引き合わされるところからストーリーが展開し始めます。
四川の抱く美しい風景と熱のこもる夜の成都の街を舞台に
彼らの思いが複雑に絡み合いながら物語はある結末を迎えるのです。

中国映画という構えではなく、人の生きる意味や希望の持つ本質など
「人間」を描く映画になっています。
ぜひ、ゆっくりと一人で、または大切な誰かと観て欲しい作品です。
posted by CCA at 22:48| 映画・ドラマ

2013年10月25日

東洋陶磁美術館

大阪中之島にある東洋陶磁美術館で企画展があります。
関西では、非常にレベルの高い陶磁器専門美術館だと思います。
悠久の大陸で、生まれた美しき陶器達との出会いを
ゆっくりと堪能して頂きたいです。


企画展
「白檮廬(はくとうろ)コレクション−中国古陶磁清玩」


会期:平成25年8月10日(土)〜11月4日(月・振休)
201310-東洋陶磁.jpg

緑褐釉貼花 連珠文 碗
(りょくかつゆうちょうか れんじゅもん わん)
北斉〜隋時代・6世紀後半

東洋陶磁美術館HPはこちら→☆☆☆


posted by CCA at 16:28| 美術館

2013年08月21日

幾米の絵本

昔、中国の本屋でふと手に取って以来、台湾の絵本作家「幾米」さんの作品のfan揺れるハートになり、
機会があるごとに集めています。

今では、知る人ぞ知る作家さんですけどね^^

今回は、その中でも最初に出会った作品を紹介します。
本「向左走・向右走」

JIMI1


小さな恋をめぐる、すれ違いのお話です。黒ハート
すれ違いといっても心ではなく、本当のすれ違いあせあせ(飛び散る汗)
ふとした事で出会い恋に落ちるのですが、
右と左、いつもなかなか再会出来ない二人。
それでも、恋する気持ちは二人をきっと再会させて
くれるハズ手(グー)・・・・

日本語版も発売されているはずです。

金城武さんが主演で、台湾映画にもなっていますので、
まずそちらから御覧になるのもいいかもしれませんね。わーい(嬉しい顔)
posted by CCA at 23:05| Comment(0) | BOOK(小説・絵本etc)

2013年06月10日

三国演義大迷宮

大迷宮シリーズ第2弾!
今度は、三国志がテーマです。 


西遊記でも活躍した案内役のおさげちゃんが、
最近では日本でもゲームなどでお馴染みの「三国志」の世界を案内し
ています。ちなみに彼女は蟹座です。
わーい(嬉しい顔)

今回は、三国志名場面が舞台です。
ストーリはもちろん、絵の中に「名台詞」が
書かれていたり・・・。
絵全体が良く見ると迷路になっていたり、色々な仕掛けがあります。

それから、全部で13場あるのですが、その最後の迷宮は色がありません。
皆さんで、好きな色を塗って楽しんでください。という事らしいです。




posted by CCA at 22:02| Comment(0) | BOOK(小説・絵本etc)

2013年06月06日

西遊記大迷宮

 中国四川省の画家:劉学論&劉葵さんの作品です。

 あの有名な「西遊記」のお話を絵本にしました。本

 案内役の女の子とそのパートナーのパンダやカエルと一緒に、西遊記の
 世界を冒険していきます。 そして更に、各頁のお話の最後に出てくる
 指令に従って、双眼鏡や女の子を捜すというおまけ付き。わーい(嬉しい顔)

 日本とは少し違った本場の西遊記を、楽しいキャラクター達と一緒に堪能で
 きてしまいます。

  この作品は野間国際童話コンクールで佳作に入選しました。





posted by CCA at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK(小説・絵本etc)